下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

どんなエンジンでも、エンジンオイルにはメーカーが指定している、オイル粘度や交換時期と言うものがあります。

最近では、メーカーが指定している粘度やグレードを守らないと、エンジントラブルを起こす原因となります。

また、エンジンの寿命を知事める可能性があるので、メーカー指定のエンジンオイルを使用することが重要です。

このページでは、スバル・XVのエンジンオイル交換をする場合の、オイル量や粘土などを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】オイル交換の時期はいつ?

 

スバル・XVのオイル交換は走行距離が、1万キロ又は12カ月ごとの交換となっています。

いずれにしても、どちらか早い方で交換となっているようですね。

オイルフィルターは、10万キロごとに交換となっています。

オイルフィルターは一般的に、2回目のオイル交換で一緒に交換となっていました。

しかし、今時の車は10万キロなのにビックリですね。

メーカーが指定するエンジンオイルは以下の通りとなります。

 

 ・SUBARU MOTOR OIL ECO 0W-20

 

・SUBARU MOTOR OIL SN 0W-20

 

・SUBARU MOTOR OIL ECO 5W-30

 

・SUBARU MOTOR OIL SN 5W-30

 

 

メーカー指定とディーラーのして交換サイクルの違い

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

メーカーの言うエンジンオイルの交換サイクルは、1万キロごととなっています。

ですが、ディーラーでは、5000キロごとに交換をしたほうが良いと言います。

一体どちらが正しいのか疑問に感じませんか?

メーカー指定の交換タイミングは、エンジン設計時の想定と大規模なテストから導き出された結果です。

しかし、エンジンも機械の集合体なので、すべてが同じ条件になるというのは間違いと言えます。

「メーカー指定サイクルが正しい」

「5000キロごと交換はディーラーが儲けたいだけだろ」

そのように言う人は非常に多いと思うし、実際にメーカーの指定サイクルのほうが、正しいと思っている人も多いのです。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

 

たとえば、スバル・XVで1年間2万キロ走行をするような車だったら、確かにメーカー指定の交換サイクルでも問題はないでしょう。

しかし、1年に5000キロ~1万キロしか乗らず、全てが10キロも満たない短距離走行だったら、メーカー指定の交換サイクルではマズイわけです。
つまり、どんな使用状況においてもメーカー指定の交換サイクルが、決して正しいわけではないという事になります。

ディーラーやカー用品店が5000キロごとに、オイル交換を指定するのは、間違っても儲けだけのためだけではありません。

 

 

確かに、大手カー用品店でエンジンオイルを見ていると店員が近づき、高いオイルを勧めてくる場合があります。

そういう場合は、少なからず客の車の事は考えず、儲けだけで高いオイルを勧めていると考えて間違いありません。

ですが、車のコンディションを良い状態に保つには、早めの交換が良いので一般的な交換サイクルを、お客さんに説明するしかないのでしょう。
エンジンオイルは使っていると劣化していきます。

なので、1万キロごとにエンジンオイルを交換するよりも、5000キロごとに交換したほうが、車は故障しにくいし良いコンディションを保てるというわけです。

ただ、間違ってはいけないのが、ディーラーの言う交換サイクルのほうが、正しいのかと言えば全くそうではありません。

今時のエンジンオイルは、一昔前のオイルと違い性能は飛躍的にアップしています。

車のエンジンも同時にかなり上がっているので、交換サイクルは1万キロでも全く問題ないといえます。

 

 1、経済性を考えるならメーカー指定の交換サイクルを守る

 

2、エンジンの良い状態を保ちたいならディーラー指定のサイクルを守る

 

以上のどちらかの交換サイクルで、スバル・XVのエンジンオイルを交換すると良いでしょう。

私ならカストロールの、「マグナテック ハイブリッドSN/0W-20:1,448円」を買って、オートバックスで交換をしてもらいます。

私はオートバックスゴールド会員なので、オイル交換工賃は無料です。

ちなみに、私は1年に1万キロしか走行をしないので、そういう場合なら1年に1,448円しかオイル交換費用は生まれないといえます。

そのようにすれば、経済的ですよね。

■メーカー指定とディーラー指定の金額

走行距離 オイルの値段 フィルター交換 合計
1万キロ 1,448円 無し 1,448円
1万5千キロ 1,448円 1437円 2885円
2年間の総合計金額 4333円
5千キロ 1,448円 無し 1,448円
1万キロ 1,448円 1437円 2885円
2年間の総合計金額 8666円

つまり、エンジンオイル交換には正解は無く、費用を安く抑えたいならメーカー指定で、安いオイルを選ぶと良いという事です。

しかし、車のコンディションを常に良好に保ちたいなら、ディーラー指定でオイル交換をすると良いだけの話ですね。

ただ、エンジンオイルを長くしなかったからと言って、劇的なパワーダウンはありません。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】オイル量の適正は?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

エンジンオイルは、量も大切だといえます。

入れすぎも問題がありますが、少なすぎるのも問題がかなりあるのです。

エンジンオイルは走行をしていると、徐々に減っていくのです。

こまめに交換をしているという場合は、あまり気にすることではありません。

 

 

 

しかし、メーカー指定でオイル交換をしているという車の場合は、定期的にオイルの量をチェックすべきなのです。

 

メーカー指定でオイル交換をする場合は、こまめにオイル交換をする以上に、車の点検をしていないとトラブルの原因となります。

 

たとえば、オイルパンにあるパッキンが劣化して、オイル漏れが激しくなるとオイル量は、かなり減少していきます。

 

それに気が付かないでいると、エンジンが焼き付いてしまう危険があります。

 

なので、オイル漏れになる可能性を考えて、「MAX」ギリギリでも問題はないといえます。

しかし、メーカー指定でオイル交換をしているという車の場合は、定期的にオイルの量をチェックすべきなのです。

メーカー指定でオイル交換をする場合は、こまめにオイル交換をする以上に、車の点検をしていないとトラブルの原因となります。

たとえば、オイルパンにあるパッキンが劣化して、オイル漏れが激しくなるとオイル量は、かなり減少していきます。

それに気が付かないでいると、エンジンが焼き付いてしまう危険があります。

なので、オイル漏れになる可能性を考えて、「MAX」ギリギリでも問題はないといえます。

逆に「LOW」近くの量にしていると、いざオイル漏れが発生した時には、オイルが無くなっていたという事にもなりかねません。

だからこそ「MAX」周辺まで、入れるのが良いといえます。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】オイル粘度とおすすめオイルグレード

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

オイル粘度と言うのは、エンジンオイルの硬さを表しています。

スバル・XVのメーカー推奨オイル粘度は「5W-30」です。

 

最初の「5」というのは、低温時でも柔らかいことを示していて、数字が低ければ低いほどエンジンが、冷えていても指導性が良いといえます。

 

最後の「30」は、この数字が大きければ高温時でも硬く、熱に強い粘度でスポーツ走行や高速走行など、耐摩耗性に優れています。

 

つまり、最後の数字「30」の部分の数字が大きければ、夏向きのエンジンオイルだといえます。

一昔前までは、夏と冬にエンジンオイルの粘度を使い分けていましたが、今時のエンジンは粘度を変えるとトラブルの原因になります。

なので、出来る限りメーカー指定のグレードで粘度も、指定されているオイルを使うほうが無難だといえます。

スバル・XVにお勧めのエンジンオイルのグレードは、「SN」でオイル粘度は「0W-20」「5W-30」です。

最近の車は、省燃費にこだわったエンジンなので、エンジンオイルも低粘度のオイルが、使われています。

 

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

一般的にスバル・XVのエンジンオイルに指定しているような、低粘度オイルを省燃費オイルと呼ばれています。

大手カー用品店でも、たまに省燃費オイルを入れていはいけない車にまで、売りつけようとする悪質店員がいるので要注意です。

実際に、スバル・XVには省燃費オイルを入れたほうが、無難ですしエンジントラブルになりにくいといえます。

さらに、スバル・XVに省燃費オイルではない普通の粘度のオイルを、入れてしまうと急激に燃費が悪くなり、エンジンにもよくありません。

たとえば、スバル・XVに「10W40」のエンジンオイルを入れると、すぐにトラブルは起きないでしょうけど、使い続けることで何らかのトラブルは避けれそうにないでしょう。

エンジン音が大きくなったり、「カラカラ」と言う打音が鳴り始めたりするかもしれません。

長く乗り続けるなら、メーカー指定の粘度は守ったほうがよさそうです。

 

XVのオイル交換のまとめ

スバル・XVのオイル交換時期は、メーカー指定なら「1万キロ」ごとに行うのが良いようです。

ただ、車のコンディションを良好に保ちたいなら、お金がかかっても5000キロごとで交換をしたほうが良いといえます。

車と言うのは機械の集合体なので、メーカー指定の交換サイクルが絶対的に正しいとも言い切れません。

なぜなら、人によっては車の使い方が異なりますし、どれくらいの距離を1年で走行するかまでは、メーカーも知る部分ではないからです。

だからこそ、オイル交換時期は人によっても違いますし、考え方や価値観によってもメーカー指定が正しいとは言えないのです。

また、スバル・XVは省燃費オイル指定なので、それ以外は使わないほうが無難ですね。

オイル粘度もメーカー指定は、絶対に守ったほうが良いといえます。
キャッチ画像引用:https://syms.jp/product/engine_oil_5l/

スバルXVが値引き金額から更に50万円安くなる方法
「このスバルXV、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、スバルXVの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク