下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スバル・XV(エックスブイ)は、全グレードに「アイサイト」を選択できるようになりました。

 

スバル・XV(エックスブイ)に装着されるアイサイトはフロントガラス上部に2つのカメラが取り付けられています。

 

また、スバル・XV(エックスブイ)の自動ブレーキや他の安全装備は何が付いているのかなどを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

1.【スバル・XV】アイサイトの性能は?


引用:https://www.subaru.jp/safety/eyesight/function/

 

 

スバル・XVは、ブルーパネルや金属調を施したメーターリングなど運転席に高級感を演出させています。

 

さらに、インジケータの中央には3.5インチの液晶モニターが配置されアイサイトの動作状況を表示するようになっています。

 

アイサイトは、どういうシステムなのか


引用https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

 

 

フロントガラス上部に取り付けられた2つのカメラによって走行状況を認識します。

 

たとえば、高速道路や同じ方向に進む複数の車線を通る場合は後方から接近する車両がありますが、そういう車両が死角にいた時に車線変更をしようとした場合はインジケータの表示が点滅して運転手に知らせます。

 

スバル・XVに搭載されるアイサイトはには、これから説明する3つの運転支援システムが作動します。

  • 死角車両検知
  • 車線変更支援
  • 後側時支援

 

アイサイトは、スバル・XVの後方からくる車両を後方に取り付けられたレーダーにより常に監視しています。

 

そして、ドアに埋め込まれているLEDが点灯し警報音でも運転手に接近を知らせます。


引用:https://www.subaru.jp/safety/eyesight/function/

 

また、複数の車線がある道路で車線変更をする場合にミラーでは見えにくい死角に車がいる場合があります。

 

従来なら斜め後ろの車両の有無を目視確認やドアミラーで確認していました。

 

しかし、それでも見えにくい死角に車がいれば接触は免れません。

 

さらに、車両によっては車線変更の邪魔をする場合もあった時は目視で安全を確認しても意味がありませんよね。

 

そういう場合でもアイサイトは死角になる車両を常に監視しているため、接触の恐れがある場合や接近を検知した場合は光で運転手に知らせます

 

さらに、接近してきていることに気が付かず車線変更をしようとしたらインジケーターの表示が点滅をします。


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

 

また、車線変更支援の機能はそれだけではなく後方から猛スピードで接近する車も検知しますが、スピードの出ている車のほうに車線変更をしようとする場合も運転手に知らせるのです。

 

私も車を運転し高速道路も運転しますが車線変更をするときは、かなり慎重な運転をします。

 

車線変更をする場合もドアミラーの死角になる斜め後ろに車がいないかもチェックしていますが、目視確認をすると、どうしても前がおろそかになってしまうのです。

 

そうなると、前に車が車線変更をしてきて速度も遅い車だとすれば衝突をしてしまいますよね。


引用:https://www.subaru.jp/safety/eyesight/function/

 

そう考えると、アイサイトはとても素晴らしいシステムだと感じます。

 

そして、駐車場でもバックで出ようという場合もありますがそういう場合は、後方の左右が死角になるため車が来ていても気が付けません。

 

確かに両隣に車が停まっていなければ後方の死角もそれほど気にもならないでしょう。

 

しかし、両隣がいつも空いているとは限りませんし、ジープ系やミニバン系の車が両隣に停まっていると死角は増えてしまします。

 

まあ、バックで停めて前進で出れば良いという意見もあるかもしれませんが、「前向きに停めてください」という看板があれば逆らうわけにはいかないでしょう。

ハイビームアシスト


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

 

ハイビームアシストは、フロントガラスの上部に取り付けられている2つのカメラが前方の光を検知して、「約30km」の速度で走行をしているときに、前に車がいなかったり対向車がいなかった場合はハイビームに自動でなります。

 

また、対向車が接近してきたり前方を走る車に追いついたらハイビームからロービームへと自動で切り替わります。

 

確かに便利な機能ですが場合によってはハイビームが危険かもしれません。

 

運転状況に合わせてハイビームアシストをオフにしていくようにしましょう。

 

私個人的な感想としては、こういう便利な機能でもやっぱり、過信は禁物なので場合によっては自分で操作をするようにしたほうが安全だと感じます。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】自動ブレーキと安全性は!?


引用:https://www.subaru.jp/safety/eyesight/function/

 

スバル・XVの自動ブレーキって本当に安全なのか気になりませんか?

 

自動ブレーキとは、衝突の危険がある場合に運転手の回避操作が無いと認識したら自動ブレーキが作動するというものです。

 

プリクラッシュブレーキ


スバル・XVでは「プリクラッシュブレーキアシスト」というシステムで強い制動力で車を減速させていきます。

 

この自動ブレーキは「歩行者」や「自転車」などにも反応し危険を検知したら自動ブレーキが作動します。

 

自動ブレーキは他メーカーの車種にもありますがスバル・XVの場合は、高速でも一般道でも自動ブレーキが作動します。

 

XVが搭載する自動ブレーキアイサイト(ver.3)の場合は50km/h以内で衝突を回避するか被害を軽減するという性能を持っています。

 

「ver.2」の場合は30km/h以内で衝突回避するかそれ以上の速度なら被害軽減をします。

 

スバル・XVの自動ブレーキは確かに危険を回避するための補助ブレーキとして良い仕事をしているように思えます。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/safety/safety2.html

 

スバル・XVは実際の交通状況を認識して車だけではなく歩行者や自転車などを認識します。

 

また、歩行者と接触しようとした場合は自動ブレーキが作動して衝突を回避してくれます。

 

たとえば、前方の信号機が赤色なのに気が付かずにそのままの速度で侵入し歩行者が前方を渡っている場合にも衝突を軽減するように支援してくれます。

 

さらに、カメラの広角化と高解像度によって自転車のはみだしも認識するようになっているのはありがたいですね。

 

歩道を走行しない自転車などは場合によっては危険ですし、いつ方向を変えるかもわかりませんからね。

 

そして、自動ブレーキが作動するという事態が発生すると「ピーーー」という連続した警報音が鳴り車内に鳴り響きます。

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/interior.html

 

さらに、ブレーキ操作が無いという認識をすれば、被害を軽減するために強力な自動緊急ブレーキがかかり車は急激に減速していき被害を軽減します。

 

でも、相手との速度差が30km以上だったら路面状況によってはやっぱり止まり切れずに衝突してしまいますね。

 

つまり、相手が停止しているなら衝突は軽減されますが、相手もこちらも走行をしているという場合は正面衝突は避けられないといえますし、被害も軽減できるとは思えません。

 

警告音に運転手が気が付いてブレーキを踏んだとすれば自動ブレーキはさらに制動力を高めてくれます。

 

かなり、性能と安全性が高い自動ブレーキだと感じます。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】ツーリングアシストの搭載はある!?


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

 

スバル・XVは、2018年10月11日に全面改良を行いました。

 

しかし、スバル・XVには残念ながら「ツーリングアシスト」は搭載されていません。

 

フォレスターなどの車種には搭載されているのですがスバル・XVには残念ながら現段階では設定なしですね。

 

ツーリングアシストの機能と特徴


これまでのアイサイトVer.3の機能として次の6つが挙げられます。

  • プリクラッシュブレーキ
  • 後退時自動ブレーキシステム
  • AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御
  • 全車速追従機能付クルーズコントロール
  • 車線逸脱抑制
  • 警報&お知らせ機能

 

これはXVに搭載されているアイサイトの機能です。

 

そしてXVにも搭載が待ち望まれているツーリングアシストは、アイサイトVer.3を進化させたものとなります。

 

その変更点として、具体的には次の部分が当てはまります。

 

全車速追従機能付クルーズコントロールでの車速域の変更。

0km/h~約100km/hから0km/h~約120km/hと20km/hほど車速幅が広がりました。

 

また、ステアリング操作を自動でアシストするようになりました。

 

アイサイトver.3でも65km/h以上でステアリング操作アシストがありましたが、ツーリングアシストからは0km/hから動作します。

 

これにより渋滞から高速巡航まで、さまざまなシーンで運転負荷を大幅に軽減します。

 

 

確かに「ツーリングアシスト」は運転支援が多彩でハンドル操作などやアクセル、ブレーキなども操作をしてくれる素晴らしい機能です。

ですが、自動運転とは一言も発表していないのであくまでも運転補助機能という事になります。

 

個人的な感想ですが、ツーリングアシストのような機能に頼ると運転の楽しさや車を操る楽しさというものが半減します。

 

やっぱり、何のために免許を取ったのかもわからなくなるのでやりすぎた自動運転というものは普及しないでほしいものです。

 

昔「エクスドライバー」というアニメがあり完全自動運転システムを先取りしたアニメです。

 

そういう世界に時代は進もうとしているようですが、やっぱり、車を運転する楽しさだけは失ってはいけないと個人的に思います。

しかし、これからの時代は安全支援のための自動運転装置は必要でしょう。

早くスバル・XVにも「ツーリングアシスト」が搭載されるといいですね。。

スバルXVが値引き金額から更に50万円安くなる方法
「このスバルXV、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、スバルXVの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク