下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スバル・XVに、ドライブレコーダーや空気清浄機などを取り付けるときに、電源ソケットは多いほうが良いですね。

なぜなら、電源ソケットが少ないと必要だと感じる、車用電気製品を取り付けることが出きないからです。

複数のアクセサリー電源をとるための、おすすめできる電源ソケットを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】アクセサリーとしての電源は必要?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

 

そもそも、複数の電源ソケットがあるスバル・XVに、電源ソケットを増設する必要があるのか、疑問に感じるかもしれません。

たとえば、レーダーやドライブレコーダーなどは、前席で必要となる装置となります。

この場合は、前席に一つしかない電源ソケットだけでは、役不足と言えます。

スバル・XVの電源ソケットは、「センタートレイ」「フロアコンソールボックス」にあります。

しかし、どれも一つずつなので、複数の製品を使うとなれば、増設をしていくしかないでしょう。

この先使う装備品によっては、電源ソケットの増設も考えないといけないし、電源ソケットの数もどれくらいにすれば良いかも考える必要があります。

 

そもそも電源ソケットって何?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

 

シガーソケットは、車から電源をとるための接合部分を言います。

シガーソケットは「アクセサリーソケット」とか、「電源ソケット」とも呼ばれています。

スバル・XVでは、スマホの充電もできるUSBが、最初から装備されているのでUSBは増設する必要はないように感じます。

使いたい電気機器が、この先増える可能性があるなら、最初からシガーソケットが多いタイプを選ぶのが良いですね。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】アクセサリーのおすすめは電源!

引用:https://item.rakuten.co.jp/oobikiyaking/4580463418278e/

 

スバル・XVに、電気機器を4つほど使う予定がある場合におすすめなのが、「4ポートシガーソケット」です。

シガーソケットが4つ付いているタイプは、どこにでも販売されています。

しかし、その中でも自由にどこでも置けるタイプが、使い勝手がよさそうに思えます。

シガーソケットには、ドライブレコーダーやレーダなどや加湿器や空気清浄機など、いろいろと取り付けるならシガーソケットが4つくらいはあったほうが良いといえます。

スバル・XVの場合は、USB電源は2つ以上あるので、USB電源は増設する必要はないですね。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】電源はドライブレコーダーやアウトドアにも必要

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

電源ソケットは、増設しても全く邪魔にはなりません。

アウトドアでも、電源が必要な時はすぐに使えますし、あったほうが便利な場合がほとんどです。

さらに、シガーソケットから電源を取り配線だけ伸ばして、使うタイプはどの位置でも必要な時に使えるので便利です。

たとえば、センターコンソールから電源を後部座席まで引っ張り、シガーソケットを後部座席のどこかに設置すれば、後ろの人が必要な時にすぐに使えて便利です。

また、シートヒータなどを使う場合も、シガーソケットは多いほうが他にもいろいろな電気機器を使えますよね。

 

 

また、運転をする度に使うドライブレコーダーや、レーダーなどの電源をとる場合も複数あったほうが足りないという状態にはなりにくいでしょう。

電源ソケットを増設するという場合は、少し多めのソケットが付いている製品を選ぶと、足りないという理由で買い替える必要がなくなります。
つまり、アウトドアですぐに使う場合も、電源ソケットの増設は便利ですし足りないという不安もなくなります。

 

また、運転をする度に使うドライブレコーダーや、レーダーなどの電源をとる場合も複数あったほうが足りないという状態にはなりにくいでしょう。

電源ソケットを増設するという場合は、少し多めのソケットが付いている製品を選ぶと、足りないという理由で買い替える必要がなくなります。
つまり、アウトドアですぐに使う場合も、電源ソケットの増設は便利ですし足りないという不安もなくなります。

 

いざ使うにしても、シガーソケットをすべて使っているという場合は、どれか使っている電源を抜くしかありません。

たとえば、ドライブレコーダーやレーダーなどや空気清浄機などは、運転中は常に作動させておきたいものです。

しかし、それら常に作動させておきたい電源が、シガーソケットに全て取り付けられていたら、どれも抜くわけにはいきません。

そういう事にならないためにも、電源ソケットは多いほうが良いのです。

 

【スバル・XV】アクセサリーソケットの選び方

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

 

アクセサリーソケットの選び方は、使用スタイルによっても変わってきます。

たとえば、取り付ける電気機器が、ドライブレコーダーと空気清浄機だけと、そのように決まっているならシガーソケットが2つのものを選ぶと良いでしょう。

しかし、3つ以上の電気機器を取り付けるという場合は、シガーソケットが1つ多めの4つのアクセサリーソケットを増設すると良いですね。

 

接続ポート数は重要

引用:https://www.amazon.co.jp/

 

スバル・XVのセンタートレイにある、シガーソケットから電源を取りアクセサリーソケットを増設するなら、配線が付いているタイプが良いでしょう。

センタートレイに物を置くことが多いことを考えれば、電源ソケットに本体ごと差し込むタイプではなく、配線が付いて自由に設置できるタイプのほうが、センタートレイも広々と使えますからね。

アクセサリーソケットの選び方は、人それぞれかもしれません。

ですが、使う用途によっては増設するシガーソケットには、配線が付いていたほうが良い場合もあるのです。

なぜなら、配線が付いているタイプは、自由にシガーソケット本体を移動させることができるからです。

そして、増設するシガーソケット本体にも、電源スイッチが付いているタイプもあるようです。

また、増設したシガーソケットに使う電気機器一つ一つの電源を、自由に入れたり切ったりできます。

常に使用する電気機器ではなく、必要に応じて使うという電気機器を使用するなら、増設するシガーソケット本体に電源スイッチがあるタイプを選ぶと便利かもしれませんね。

 

増設シガーソケットのアンペア数も重要?

 

増設するシガーソケット本体も、性能が良くなければ満足できません。

たとえば、複数の電気機器を使用しているなか、増設しているシガーソケットでスマホの充電をしても、なかなか充電されないこともあります。
なので、増設するシガーソケットの「出力電流」も、多ければ多いほど良いのです。

 

なぜなら、出力電流が多いほど、余裕のある電力が供給されるので、スマホの充電も時間がかからなくなるからです。

なので、増設するシガーソケットを選ぶときは「アンペア数」も、必ずチェックすべき項目と言えますね。

そういえば、スバル・XVにもUSBが装備されていると先ほど説明しましたし、USB電源の増設は不要だとも言いました。

ですが、純正のUSB「0.5A」しかないので、充電は遅いかもしれません。

 

 

少しでも遅いと感じたら、シガーソケットにUSBが付いているタイプを選ぶと良いでしょう。

シガーソケットのUSB充電器は1.0A以上が一般的なので、スマホの充電は少し早いはずです。

もし、充電速度を上げたいというなら、シガーソケットについているUSB電源は「い2.1A以上」を選ぶようにしましょう。

 

 

増設シガーソケットはサイズも重要

スバル・XVがいくら広いといっても、限られた空間でシガーソケットを設置することになります。

快適にセンタートレイを利用したいという人にとっては、トレイ内に増設したシガーソケットにより、利用制限されるのはストレスが溜まります。

そのためには、増設するシガーソケットは、配線付きのタイプを選ぶべきと言えます。

 

XVの電源ソケットアクセサリーのまとめ

 

シガーソケットは、アクセサリーソケットとも呼ばれています。

アクセサリーソケットからは、ドライブレコーダーや加湿器などの電源を、取ることができる場所です。

純正のシガーソケットは、一つしかないので、複数の電気機器を使用する場合は使い勝手が悪いですよね。

そういう場合に、シガーソケットの増設をするのですが、いくつかポイントがあります。

1、接続ポート数

2、増設するシガーソケットの出力電流の数値

3、増室するシガーソケットのサイズ

 

接続ポート数は、使用する電気機器を複数使う予定があるなら、最初から2つ以上のソケットが付いた製品を選ぶと良いでしょう。

また、複数の電源をシガーソケットからとるなら、出力電流の数値が大きいほうが良いですね。

理由は、そのほうが快適に電気機器を使うことができるからです。

また、増設するシガーソケットのサイズも、車内に設置する場所によって、変えるようにするると良いかもしれません。

一番おすすめできる増設するシガーソケットは、配線付きのタイプです。

なぜなら、配線付きの増設シガーソケットは、自由に本体をどこにでも設置することができるからです。

たとえば、足元などにも設置できますし、ダッシュボードの上にも設置ができます。

使いやすい位置に取り付けることができるので、配線タイプのシガーソケットはオススメできるといえるのです。

注意点としては、出力電流が多くなればなるほど、バッテリーに負担がかかります。

なので、あらかじめバッテリーも容量の高いものに、交換しておくほうが後のトラブルを、回避することができるといえます。

後のトラブルと言うのは、バッテリー上がりの事です。

車の中で、複数の電気機器をシガーソケットから電源をとるなら、バッテリーの容量アップも考えておきましょう。
キャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/accessory/xv/interior/

スバルXVが値引き金額から更に50万円安くなる方法
「このスバルXV、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、スバルXVの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク