下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スバル・XVは、一見すると車中泊向きではないように思えます。

「XVは、車中泊できるのか?」

「後部座席を寝かしても、余り広そうにないな」

実は、私自身がそのように思っていました。

しかし、その考えは本当なのかどうか、スバル・XVで車中泊ができるかどうかを追及していきます。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】車中泊はできる?


引用:https://www.carsensor.net/

スバル・XVの後部座席をすべて倒せば、すぐに寝ることができそうですが、実際は真ん中にくぼみができてしまいます。

また、スバル・XVの後部座席をすべて倒した状態で、奥行きが「140cm」センターコンソールと、ヘッドレストに空間があるので寝にくいです。

工夫をすれば奥行きは広がるかもしれません。

横幅が「107cm」なので、それほど狭いというわけでもありません。

身長が「160cm」の男性がスバル・XVで車中泊をする場合は、ちょっと苦労しそうです。

真ん中の段差は「6cm」ほどあるので、フラット状態にはなりません。

 

引用:https://www.carsensor.net/

でも、この段差を埋めるために、マットで段差を埋めたりすれば、何とか車中泊はできそうです。

さらに、後部座席のヘッドレストとセンターコンソールボックスの間に、「15cm」ほど空間があります。

センターコンソールの上の部分は前にスライドできるので、クーラーボックスを間に入れても良いですね。

そうすると、空間が無くなるので、少しは寝やすいかもしれません。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】車中泊のベテランのテクニックは?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

 

車中泊のベテランがスバル・XVで、快適に寝ることができる方法を、ネットで紹介していました。

それは、スバル・XVで快眠ベッドの作り方です。

身長170cmの男性が車中泊で快適に寝るには、カー用品店で販売しているエアクッションを利用して、ベッドスペースを広げるという事です。

一体どうやって広げるのかと思い、興味を持って読み進めていたところ、余計な荷物は助手席やルーフボックスの中に入れてしまうようです。

さらに、運転席や助手席を、一番前にスライドさせます。

そして、センターコンソールとヘッドレストの空いた空間にエアクッションを、置いて空間を埋めるというものでした。

ただ、この時にポイントがあって、エアクッションはパンパンに膨らませずに、半分膨らませた状態で一つを下側に置きます。

 

 

しっかりと膨らませたエアクッションは、半分膨らませたエアクッションの上に置きます。

下側のエアクッションを適度な高さになるように、調整していくのがポイントのようです。

エアクッションの代わりに、荷物の入ったカバンやリュックサックなどを、利用しても良いです。

 

しっかりと膨らませたエアクッションは、半分膨らませたエアクッションの上に置きます。

下側のエアクッションを適度な高さになるように、調整していくのがポイントのようです。

エアクッションの代わりに、荷物の入ったカバンやリュックサックなどを、利用しても良いです。

ただ、ゴツゴツ感のある荷物は避けたいので、クッションになるようなものを、カバンやリュックサックに入れておきましょう。

この状態で、エアマットと寝袋を広げれば快適なベッドの出来上がりですよ。

ですが、身長170cmの男性だと少し頭を上げた状態でないと、寝ることはできないようです。

身長160cmくらいなら、問題なく寝ることができるかもしれません。

 

さらに、車中泊で灯りが欲しいときは、決まった位置にあったほうが便利ですよね。


引用:https://item.rakuten.co.jp/patri/ad180/

 

車中泊のベテランのテクニックは、スバル・XVの後部座席にある「アシストグリップ」に、小型のLEDランタンを取り付けていました。

確かに、LEDランタンをアシストグリップに引っ掛けておけば、無くすこともありませんし、必要な時に探し回る必要もないですからね。

車中泊では、車内に小さな小物が散らばりがちではないですか?

そんな時に、折りたたみ式コンテナに入れておけば、荷室に寝袋を敷いてもスッキリします。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】マットは車中泊の必須アイテム!

スバルXVGP7/GPE系ハイブリッドの車中泊グッズ、フルフラットで段差を無くしてグッズリ安眠!

引用:https://item.rakuten.co.jp/

スバル・XVで車中泊をするという場合は、マット選びを慎重にしないと失敗します。

まずは、スバル・XVの後部座席を倒してみて、どういう状態になるのかを確認すべきです。

理由は、どういう状態になるのかを知ることで、どういうマットを選べば良いのかが理解できるからです。

 

たとえば、フルフラットになるなら、普通のエアマットで十分ですし、スバル・XVのように段差ができるなら、専用のマットが良いといえます。
車中泊をするなら、もちろん快適に寝ることができる、マットが良いに決まっています。

マット選びをするにしても、サイズが大きすぎると寝にくいし、段差を解消できないマットなら、寝にくくてストレスが溜まります。

マット選びのポイントは、段差を限りなく無くしてくれる上に、寝やすくてストレスが溜まらないマットが良いです。

次は、スバル・XVに最適なマットを紹介していくことにします。

 

【スバル・XV】マットのおすすめを紹介!

引用:https://www.carsensor.net/

スバル・XVの後部座席をすべて倒しても、段差ができてしまいます。

なので、安易にマットを選んでしまうと後悔する可能性があります。

次は、スバル・XVの後部座席を倒したときにできる段差を、無くしフラットにするマットを紹介します。

 

スバル XV専用「くるマット」

引用:https://item.rakuten.co.jp/

スバル XVの欠点で「後部座席に段差ができる」ということが、解消されるマットがあります。

それが「くるマット」と言う商品ですが、このマットは車種専用品で作られているので、型式があっているかどうかを確認しないといけません。
スバル XVの場合は、新型と旧型とでは後部座席を他落としたときの段差が、全く違うかもしれないので確認が必要なのです。

くるマットを下に敷くことで、段差は完全になくなるので、快適に寝ることができます。

車中泊で重要なのは、快適に寝ることができるかどうかです。

 

くるマットは車中泊で快適に寝ることができる?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

くるマットは、しっかりとした反発力なので、何回使ってもクッションが、短期間で劣化するという事はなさそうです。

スバル XVで、車中泊をする場合に市販の、家庭用4つ折りマットレスを持ち込んで、寝ようという人もいるかもしれません。

ですが、段差によって寝苦しい車中泊になるので、おすすめはできません。

楽天で「7,900円」と少し高いですが、快適に寝るためならお金を惜しまないほうが、無難なように思えます。

 

XVで車中泊を快適にするには

 

スバル XVで車中泊をやる場合は、そのままでは快適に寝ることができません。

理由は、スバル XVの後部座席を倒すと、「6cm」の段差ができるので、そのままだと段差が気になって寝苦しく感じるからです。

また、センターコンソールとヘッドレストの間には、空間ができるのでこの空間を埋める必要があります。

そのためには、エアクッションを間に入れて、フラットになるようにします。

さらに、マットは後部座席の段差をなくすために、「くるマット」を使うと快適に寝ることができます。

理由は、くるマットによって段差が解消されるからです。

センターコンソールとヘッドレストの間を埋めるなら、エアクッションなどを使うと、スバル XVの後部座席はフラットになります。

「6cm」の段差もなくなるので、快適に寝ることができるでしょう。

また、自分で作れるなら四角い木などを、ラゲッジスペースに合わせて切り、その上に板を浮くという方法もあります。

ただ、この方法は工作ができない人にはちょっと辛いかもしれませんね。

初心者でも簡単にフラットな状態にするには、今回紹介した「くるマット」と、センターコンソールとヘッドレストの足元を埋めるために、エアクッションで対処するしかないですね。

スバル・XVで快適に車中泊をするなら、今回の事を参考にしてみると良いでしょう。

スバルXVが値引き金額から更に50万円安くなる方法
「このスバルXV、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、スバルXVの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク