下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スバル・XVとヴェゼルを比較してみました。

実際に家族が増えたという前提で、どっちを買うと失敗が無いのかも比較していきます。

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【ヴェゼル】価格を比較すると?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

スバル・XVとヴェゼルを比較すると、ヴェゼルのほうが安いように感じます。

スバル・XVとヴェゼルの新車価格は以下の通りです。

 

■スバル・XVの新車価格

1.6iEyeSight:2,138,400円

1.6i-L EyeSight:2,268,000円

2.0i-LEyeSight:2,505,600円

2.0i-SEyeSight:2,700,000円

■ヴェゼルの新車価格

G・Honda SENSING:2,075,000円

X・Honda SENSING:2,165,000円

RS・Honda SENSING:2,475,000円

 

ハイブリッドの値段を比較すると、ヴェゼルでも安いグレードはああります。

スバル・XV(Advance)と比較すると、ヴェゼルのほうが安い感じです。

スバル・XV(Advance)のハイブリッドシステム「e-BOXER」は、走り重視のセッティングです。

なので、ハイブリッドとは言え気持ちの良い走行が実現しているのです。

ヴェゼルも口コミでは、加速が良いという声が多いです。

値段的に見ても、ハイブリッド車は高いので、ストレスのたまらない車を選びたいところですね。

 

■新車価格

・スバル・XVハイブリッドAdvance:2,829,600円

・ヴェゼルハイブリッド新車価格

HYBRID・Honda SENSING:2,460,000円

HYBRID X・Honda SENSING:2,539,000円

HYBRID Z・Honda SENSING:2,710,000円

HYBRID RS・Honda SENSING:2,810,000円

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【ヴェゼル】大きさを比較

スバル・XVはヴェゼルよりも、一回りボディサイズが大きいようです。

スバル・XVはヴェゼルのボディサイズは以下の通りです。

 

■ボディサイズ

XV ヴェゼル
全長 4465 4330
全幅 1800 1770
全高 1550 1605

ボディサイズは、スバル・XVのほうが少し大きいので、運転しにくそうに思えてしまいます。

 

前方は見えにくくないのか?

引用:https://www.carsensor.net/

スバル・XVの運転席を見る限りでは、運転席と助手席に三角窓が取り付けられています。

スバル・XVにはピラー形状の工夫や、三角窓があるため歩行者などを確認しやすいです。

ちなみに、フロントガラスの両端にある柱を「Aピラー」と言います。

このAピラーが邪魔で、場合によっては歩行者がピラーに隠れて、死角になることもあります。

各メーカーは邪魔になる「Aピラー」を工夫して、運転の妨げにならないように開発を進めているのです。

 

じゃあ、ヴェゼルはどうなのか?

ヴェゼルはSUVらしく運転席が高い位置にあり、フロントガラスも広めなので視界は良好です。

かといって、運転席も極端に高くないので、他の車を見下ろすという感じではありません。

ヴェゼルもスバル・XVもフロントの視界は、とても良好ですが欠点があります。

それは「斜め前方の視界」です。

特に左の斜め前方はAピラーやドアミラーが、死角になるという口コミもあります。

ですが、これは左側に注意して運転をすれば、対処可能だといえますね。

 

スバル・XVとヴェゼルの後方のサイドウィンドウは見やすい?

引用:https://www.carsensor.net/

車線変更をする場合に、ドアミラーだけで確認をするのは大変危険です。

なので、後部座席のサイドウィンドウを使い、目視確認をして車線変更をするべきでしょう。

たまに、後部座席のサイドウィンドウが小さく作られていて、斜め後ろの車が見えにくい場合もあるのです。

スバル・XVとヴェゼルはどうなのかを見ていきましょう。

ヴェゼルの後部座席のサイドウィンドウは、少し小さめなので車線変更がしにくいと感じます。

車線変更をする時に、車がすぐ近くにいるのに気が付かず、車線変更をする可能性もあります。

 

それは、周囲の安全に気を配っていないからだ

 

ひょっとしたら、そのように思う人もいるかもしれません。

ですが、人間なので見過ごすという事もありますし、疲れていると余計に周囲の安全確認をおろそかにしてしまいがちです。

 

ヴェゼルの場合は「リアカメラ de あんしんプラス2」で、車線変更の不安を解消できます。

 

また、スバル・XVも人により後部座席のサイドウィンドウが見えにくい事もあるでしょう。

 

スバルにも「アイサイトセイフティプラス」と言う、ディーラーオプションがあります。

 

「アイサイトセイフティプラス」を注文すれば、後方から接近する車を検知し運転手に音とランプで接近を知らせてくれます。

運転に自信が無いという理由だけではなく、周囲の安全を支援する道具として取り付けてみてはどうでしょうか。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【ヴェゼル】燃費を比較

スバル・XVもヴェゼルもターボモデルは無いので、燃費はそこそこ期待できそうです。

カタログ数値だけで行けば、ヴェゼルのほうが燃費が良いように思えます。

スバル・XVのハイブリッド「Advance」は、走り重視なので燃費は「19.2km/L」とそれほど良くありません。

ヴェゼルは、燃費重視のセッティングのようなので、「:21.6km/L」以上の燃費になっているようです。

■JC08モード燃費

 ■スバル・XV:16.2km/L

■スバル・XV(Advance):19.2km/L

■ヴェゼル:19.6km/L~21.2km/L

■ヴェゼル(ハイブリッド):21.6km/L~25.6km/L

 

【スバル・XV】VS【ヴェゼル】実燃費も比較してみた

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

実燃費は「e燃費」を参考にしています。

スバル・XVの実燃費は「7.74km/L~12.70km/L」です。

実燃費は、ヴェゼルもあまり変わらない燃費率ですね。

もちろん、道路が渋滞だったりすると、さすがに「7.74km/L」となるようです。

ヴェゼルも同じで渋滞の場合は燃費は、とても悪いです。

 ■スバル・XV:7.74km/L~12.70km/L

■スバル・XV(Advance):7.77km/L~15.79km/L

■ヴェゼル:8.14km/L~19.83km/L

■ヴェゼル(ハイブリッド):13.48km/L~16.93km/L

燃費は、運転の方法や車の状態によっても違うので、実燃費も単なる目安にしかなりません。

ヴェゼルには、渋滞でも疲れないような、運転支援システムが搭載されています。

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉と呼ばれていますが、前を走る車との距離を一定に保つ機能が搭載されています。

適切な距離を保ってくれるので、遠出をしてもあまり疲れることがありません。

 

スバル・XVに関しても、「ツーリングアシスト」と言う、同じような機能が搭載されています。

 

従来のアイサイトver.3でも運転を支援していましたが、機能が作動させるには時速「60km/h以上」必要でした。

ですが「ツーリングアシスト」は、停止状態から作動するようになっているのです。

これによって、渋滞した時でも、運転の疲れが軽減されます。

 

【スバル・XV】VS【ヴェゼル】家族が増えたらどっちを選ぶべきか!

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

家族が増えたら、出来る限り車内が広い車種が良いですよね。

スバル・XVとヴェゼルの車内は、どちらが広いのかを比較していきます。

スバル・XVとヴェゼルの全長を比較すると「155mm」の差があります。

 

全長の長さが広いと前席や後部座席も、足元がゆとりのある空間となります。

 

なので、家族が増えて旅行に出かけるという場合は、全長が長いほうが良いかもしれません。

次に、全幅はヴェゼルと比較して「35mm」の差があります。

全高以外は、スバル・XVのほうが広いように思えます。

家族が増えれば、車内は広いほうが良いので、スバル・XVを選べば後悔が無いように思えます。

スバル・XVとヴェゼルの室内の広さは以下の通りです。

 

■室内の広さ

XV ヴェゼル XVとの差
全長 2085 1930 -155
全幅 1520 1485 -35
全高 1200 1265 65

 

XVとヴェゼルの比較まとめ

スバル・XVもヴェゼルも値段的にはどちらも変わりがありませんでした。

ボディサイズもそれほど大きいとは感じません。

ですが、視界はどちらも左側が見えにくいという口コミもありました。

「アイサイトセイフティプラス」と言う、メーカーオプションを注文すれば解決します。

 

「アイサイトセイフティプラス」は、後方から接近してくる車や死角にいる車などを検知して、音と表示で運転手に知らせます。

ヴェゼルにも「リアカメラ de あんしんプラス2」を選べば、同じように安全を確保することができます。

同じ機能で同じような価格帯なら、そして家族を乗せるなら室内の広い車を選んだほうを選んだ方がいいでしょう。

 

キャッチ画像引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

スバルXVが値引き金額から更に50万円安くなる方法
「このスバルXV、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、スバルXVの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク