下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スバル・XVと未来的なデザインで魅力的な、C-HRはどちらも人気の高いコンパクトSUVです。

スバル・XVを検討しているならC-HRも、気になっているのではないでしょうか。

このページでは、スバル・XVとC-HRの比較をしていきます。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【C-HR】価格を比較すると?

スバル・XVとC-HRの値段を比較すると、全体的にXVのほうが値段は安いように思えます。

とはいえ、グレードはC-HRのほうが多い感じですね。

安全装備を比較するとスバル・XVとC-HRとでは、性能に差があります。

 

トヨタ セーフティセンス

セーフティセンス(トヨタ)
対象 車両(昼夜)、歩行者(昼夜)、自転車(昼)
作動速度 10~180km/h(自動車)
作動速度 10~80km/h(対歩行者、自転車)

トヨタの「セーフティセンス」は、昼と夜に対応していて自動車や歩行者などや自転車に対し、自動ブレーキが作動します。

C-HRは、ミリ波レーダーと、単眼カメラによって危険を検知します。

警報ブザーとディスプレイ表示で運転手に知らせます。

運転手が危険を察知して、ブレーキを踏んだ場合は、「プリクラッシュブレーキアシスト」が作動します。

ですが、ブレーキを踏んでいない状態の場合は、「プリクラッシュブレーキ」が作動し衝突を軽減します。

「プリクラッシュブレーキ」は、歩行者に対し「10~80km/h」の速度を出していた場合に作動します。

たとえば、横断歩道に歩行者がいるのに気づかず、歩行者との速度差が30km/hだった場合は、衝突回避するためのサポートを開始します。

自動車の場合は「約10km/h以上」で作動するようになっています。

 

C-HRの新車価格

 G-T“Mode-Nero”:2,655,200円

 

G-T“Mode-Bruno”:2,979,200円

 

G-T:2,605,200円

 

S-T“LED Package”:2,346,000円

 

S-T:2,290,000円

 

スバル アイサイト

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

 

アイサイト
対象 車両(昼)、歩行者(昼)、自転車(昼)
作動速度 1~160km/h

スバル・XVに搭載されるアイサイトは、ステレエおカメラを使い、歩行者や自転車等や自動車を検知します。

また、フロントガラス上部にあるカメラは、前方を常に監視して人の目と同じように、距離を測ることができます。

そして、車や歩行者などや白線なども識別する、高い認識性能を誇っています。

その情報と走行状況をもとにして、アイサイトの頭脳と言えるソフトウエアが、必要な制御を判断して状況に合わせた運転支援を行います。

アイサイトは、前を走る車のブレーキランプが点灯させたりすることも、認識し人の目にとても近い性能を持っています。

衝突の危険がると判断した場合は、運転手に注意を促し回避操作がない場合は、自動でブレーキ制御を行います。

前を走る車の速度差が「約50km/h以下」なら、衝突を回避するか被害を軽減するサポートを行います。

 

スバル・XVの新車価格

1.6iEyeSight:2,138,400円

 

1.6i-L EyeSight:2,268,000円

 

2.0i-LEyeSight:2,505,600円

 

2.0i-SEyeSight:2,700,000円

 

スバル・XVのハイブリッドの価格は、C-HRよりも少し安い程度ですね。

燃費を重視するという場合は、C-HR(ハイブリッド)を買うと良いかもしれません。

でも、ハイブリッド車でも加速も重視したいという場合は、スバル・XV(ハイブリッド)を選ぶのも良いですね。

 ■スバル・XV(ハイブリッド)

 

Advance:2,829,600円

 

■C-HR(ハイブリッド)

 

G“Mode-Nero”:2,979,200円

 

G“Mode-Bruno”:2,979,200円

 

G:2,929,200円

 

S“LED Package”:2,670,000円

 

S:2,614,000円

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【C-HR】大きさを比較

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

スバル・XVのボディサイズはC-HRと比較して、少し大きめのサイズとなります。

スバル・XVの場合は、ルーフレール付き車の全高が1600mmです。

立体駐車場ではスバル・XVは、ポールアンテナやシャークアンテナを取り付けていると、結構苦労するかもしれません。

C-HRの場合は、シャークアンテナが車の屋根の低い位置にあるため、立体駐車場では苦労しないでしょう。

 

C-HRでも2016年~2018年4月までに製造された車は、一部全高が「1565mm」なので立体駐車場には入れませんでした。

2018年5月から製造されるC-HRは全グレード大丈夫のようですね。

古いネット情報ではC-HRは立体駐車場に入れないとあります。

しかし、現在製造しているC-HRは全グレード立体駐車場に入れます。

 

■スバル・XVのボディサイズ

全長×全幅×全高:4465×1800×1550(mm)

 

■C-HRのボディサイズ

全長×全幅×全高:4360×1795×1550

 

スバル・XVとC-HRはどちらが運転しやすい?

引用:https://www.carsensor.net/

C-HRのフロント視界は、アイポイントが低いため運転がやりにくいかもしれません。

なので、車両感覚をつかみにくいし狭い道に入ろうにも、少し不安を感じながら進むしかないでしょう。

スバル・XVと比較して運転席は高い位置にありますが、ヒップポイントはそれほど高くはないのです。

C-HRの運転席に座ってもスバル・XVのように、視線の高さや見晴らしの良さは、ほぼないに等しいです。

運転席の高さを活かした視界の広さを期待しているなら、C-HRに乗るとガッカリするかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【C-HR】燃費を比較

スバル・XVとC-HRのカタログ燃費を比較すると、全体的にはC-HRのほうが燃費が良いです。

さすがに、燃費はトヨタに勝つことは、できそうありませんね。

■JC08モード燃費

スバル・XV スバル・XV
(Advance)
C-HR C-HR
(ハイブリッド)
16.2km/L 19.2km/L 15.4km/L~16.4km/L 30.2km/L

トヨタのハイブリッド車は、燃費に力を入れているため、加速はそれほど期待できません。

それでも、C-HRの加速に不満を持つ人は、価格ドットコムの口コミを見ても、誰ひとりいないようですね。

 

【スバル・XV】VS【C-HR】実燃費も比較してみた

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

スバル・XVとC-HRの実燃費を比較してみました。

全体的に見て、実燃費もスバル・XVより、C-HRのほうが良い結果となっています。

 ■スバル・XV:7.74km/L~12.70km/L

■スバル・XV(Advance):7.77km/L~15.79km/L

 

■C-HR:13.35km/L~15.82km/L

■C-HR(ハイブリッド):13.73km/L~25.48km/L

 

スバル・XVの車両重量は「1550kg」でC-HRの車両重量は「1400kg」となっています。

その差は「150kg」ありました。

燃費は車両重量が軽いほうが良くなる傾向にあるので、C-HRが相対的に燃費が良いのも納得できます。

 

【スバル・XV】VS【C-HR】家族が増えたらどっちを選ぶべきか!

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

家族が増えると、座席の数も多いほうが良いですよね。

C-HRの場合は、スバル・XVと比べて小柄なサイズなので、室内もそれなりに狭いようです。

スバル・XVの室内の全長は「2085mm」でC-HRの全長は「1800mm」と、スバル・XVのほうが「285mm」広いです。

全長が広いと前席や後部座席の足元にゆとりができるので、疲れにくいケースが多いです。

C-HRの室内は価格ドットコムでも、「車内が狭い」という口コミがありました。

また、家族4人の人にはおすすめできないという、そんな口コミもあったくらいなので、家族が増える場合は避けたほうが無難な車種なのかなと感じました。

横幅を比較すると、スバル・XVは「1520mm」でC-HRは「1455mm」でスバル・XVのほうが「65mm」広いです。

家族が増えて、旅行にも出かけるという予定があるなら、少しでも車内が広い車種を選んだほうが無難かもしれませんね。

 

■室内の広さ

 スバル・XV(全長×全幅×全高):2085×1520×1200(mm)C-HR(全長×全幅×全高):1800×1455×1210

 

スバルXVとC-HR比較まとめ

スバル・XVもC-HRも加速に関しては、余り変わらない感じのようでした。

口コミでも加速に関しては、悪い口コミのほうが少ないようで、どちらを選んでもストレスは溜まりにくいのかもしれません。

安全装備に関しても、どちらも高性能に感じます。

スバルのアイサイトはこの先、もっと進化しそうな予感がするので期待はできるかもしれませんね。

ただ、C-HRはボディサイズが小さいので運転しやすいかもしれませんが、室内がとても狭いのが欠点ですね。

基本的に、家族が増える予定がある場合は、室内はできる限り広い車を選んだほうが無難だと感じます。

 

キャッチ画像引用:https://toyota.jp/c-hr/

スバルXVが値引き金額から更に50万円安くなる方法
「このスバルXV、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、スバルXVの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク