下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車のラゲッジスペースの使いやすく、しかも安全性能が高い車こそファミリーカーにふさわしいと感じます。

スバル・XVとエクストレイルは、家族が増えるならどっちが良いのか比較していきます。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【エクストレイル】価格を比較すると?

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

全体的に見ても、スバル・XVのほうが値段的に安いように思えます。

家族が増えれば出費が増えますし、ローンの金額は極力減らしたいものです。

でも、値段は安くても荷物がたくさん積め無くては意味がありません。

家族が増えるなら、旅行やディズニーランドに行く機会もあるでしょう。

そうした場合は、燃費の良い車は絶対に、手に入れたいものですよね。

そう考えると、スバル・XVのほうが、新車価格は経済的なように思えてなりません。

 ■スバル・XVの新車価格
  • 1.6iEyeSight:2,138,400円
  • 1.6i-L EyeSight:2,268,000円
  • 2.0i-LEyeSight:2,505,600円
  • 2.0i-SEyeSight:2,700,000円

 

■エクストレイルの新車価格

  • 20S[2列]:2,197,800円
  • 20X[2列]:2,548,800円
  • 20X[3列]:2,621,160円
  • 20Xi[2列]:2,803,680円
  • モード・プレミア [2列]:3,093,120円
  • モード・プレミア ハイコントラストインテリア [3列] :3,179,520円
  • モード・プレミア i [2列]:3,272,400円
  • モード・プレミア i ハイコントラストインテリア [2列]:3,358,800円

エクストレイルは、「2列シート」と「3列シート」を選べます。

家族が増えるなら、3列シートのエクストレイルが良いかもしれません。

次に、ハイブリッド車の値段ですが、スバル・XVは「Advance」というグレードしかありません。

値段は、スバル・XVのハイブリッドのほうが安いですね。

 

 ■スバル・XV(ハイブリッド)Advance:2,829,600円

■エクストレイル(ハイブリッド)

  • 20S HYBRID [2列]:2,589,840円
  • 20X HYBRID [2列]:2,892,240円
  • 20Xi HYBRID [2列]:3,071,520円
  • モード・プレミア HYBRID [2列]:3,437,640円
  • モード・プレミア HYBRID ハイコントラストインテリア [2列]:3,459,240円
  • モード・プレミア i HYBRID [2列]:3,616,920円
  • モード・プレミア i HYBRID ハイコントラストインテリア :3,638,520円

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【エクストレイル】大きさを比較

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

値段が安くても、運転がやりにくければ意味がありません。

車線変更で隣に車がいると、事故を起こしてしまいます。

そうなると、せっかくの楽しい旅行も、台無しになりますからね。

出来る限りは、運転しやすい車を選んだほうが良いといえます。

 

■ボディサイズ

XV エクストレイル
全長 4465 4690
全幅 1800 1820
全高 1550 1740

ボディサイズは、一回りエクストレイルのほうが大きいです。

エクストレイルは、高すぎるので立体駐車場に、入れることができないでしょう。

エクストレイルを買ったとして、目的地に立体駐車場しかないなら、もうお手上げ状態ですね。

 

入れる立体駐車場を探すだけでも、時間がかかってしまいます。

それに、ストレスもたまり放題ですよ。

その点は、スバル・XVのほうが全高が、「1550」なので、立体駐車場に入れます。

前方は見えにくくないのか?

引用:https://www.carsensor.net/

エクストレイルは、「Aピラーが邪魔して見切りが悪い」という、不満の口コミがあります。

スバル・XVも左側の視界が悪いという口コミを見かけました。

でも、エクストレイルの場合は、両端のAピラーが邪魔になるようです。

確かに、Aピラーが太いと歩行者がその部分に隠れ、見えにくい車があります。

場合によっては、身を乗り出して、安全確認をするしかないケースも考えられます。

フロントの視界は口コミを見る限りでは、スバル・XVのほうがマシなように感じます。

また、背が低い人がエクストレイルを運転するとき、座席を高めに設定してもボンネットの半分しか見えません。

なので、車両感覚はつかみにくいかもしれませんね。

ただ、エクストレイルの場合は、感で車の幅をつかむしかないようです。

 

スバル・XVとエクストレイルの後方のサイドウィンドウは見やすい?

引用:https://www.carsensor.net/

スバル・XVもエクストレイルも、後部座席のサイドウィンドウが小さいので、車線変更に不安を感じながら行うしかありません。

また、エクストレイルの場合はサイドドアミラーが小さいので、死角が特に多く感じてしまいます。

さらに、ダサい補助ミラーを取り付けないと、怖くて車線変更もできないでしょう。

死角が多いと感じるのは、車線変更時だけではありません。

縦列駐車をする時も、死角の多さが目立つことが非常に多いのです。

 

スポンサードリンク

【スバル・XV】VS【エクストレイル】燃費を比較

 

スバル・XVもエクストレイルもターボモデルはありません。

スバル・XVの燃料タンク容量は「63L」入るので、燃費が悪くてもそれなりに燃料は持ちそうです。

エクストレイルの燃料タンク容量は「60L」と少し少ないですね。

私個人の車選びは、燃料タンク容量が多さも視野に入れます。

理由は、いくら燃費が良い車でも燃料タンク容量が少なければ、早く減るのでそれだけ入れる量が多くなるからです。

逆に、多少燃費が悪い車でも燃料タンク容量が多ければ、燃費の良い車に近いくらいの走行距離を、走れる可能性があります。

燃費が良くて燃料タンク容量が多い車は、それだけ距離を走るという期待もあるのです。

 

■JC08モード燃費

 ■スバル・XV:16.2km/L

■スバル・XV(Advance):19.2km/L

■エクストレイル:16.4 km/L

■エクストレイル(ハイブリッド):20.8 km/L

普通のタイプのスバル・XVとエクストレイルの燃費は、ほとんど変わりが無いようです。

しかし、ハイブリッドのほうは、燃費が少しエクストレイルのほうが良いみたいですね。

基本的に「1km/L」の差は、変わらないのと同じですけどね。

 

【スバル・XV】VS【エクストレイル】実燃費も比較してみた

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

カタログ数値なんて室内で計測しているのであてにならない

そのように思う人も多い事でしょう。

なので、実燃費も「e燃費」で調べてみました。

スバル・XVの渋滞時の燃費は、「7.74km/L」のようです。

渋滞時は、どの車も燃費が極端に悪くなるので、仕方がないと感じます。

エクストレイルも「8.50km/L」と、渋滞の燃費はかなり悪いようです。

市街地での燃費は、どちらも平均して「12~15km/L」でした。

 

 ■スバル・XV:7.74km/L~12.70km/L

■スバル・XV(Advance):7.77km/L~15.79km/L

 

■エクストレイル:8.50km/L~15.28km/L

■エクストレイル(ハイブリッド):10.89km/L~17.67km/L

【スバル・XV】VS【エクストレイル】家族が増えたらどっちを選ぶべきか!

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

 

エクストレイルの場合は「3列シート」「2列シート」を選べますが、家族が増えればシートは多いほうが良いといえます。

なので、迷わず3列シートを候補に入れるほうが良いですね。

確かに、ラゲッジスペースは広いほうが良いですが、子供が座れるシートは多いほうがやっぱり良いのです。

なぜなら、チャイルドシートを取り付けるシートが、あったほうが良いと感じるからです。

ただ、2人から3人に増えたり3人から4人に増えるなら、2列シードのほうが広々しているように感じます。

ラゲッジスペースも広くなるので、それだけ荷物も積むことが可能です。

しかし、4人から5人に家族が増えるなら、やっぱり3列シート仕様は捨てがたいですね。

 

■室内の広さ

XV エクストレイル
全長 2085 2555
全幅 1520 1535
全高 1200 1270

XVとエクストレイルの比較まとめ

エクストレイルやスバル・XVは、視界の悪いという欠点をいくらか補うことができるメーカーオプションがあります。

それは、セーフティパックB(価格:243,000円)という、メーカーオプションを選ぶことで視界の悪い欠点を補えます。

エクストレイルの装備される、「後側方車両検知警報」は、後方から接近する車を警報とランプで運転手に知らせます。

車線変更をするという場合も、不安を感じずに移動することができるでしょう。

スバル・XVも「アイサイトセイフティプラス」という、メーカーオプションを選ぶと、後方から接近する車を検知して運転手に警報と表示で知らせます。

同じ機能と似たような燃費なら、デザインと価格が安いほうが良いように思えます。

しかしドライバビリティが自分に合っているかどうか、試乗してから決めて下さい。

それが後悔しないための絶対条件ですから。

 

キャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

スバルXVが値引き金額から更に50万円安くなる方法
「このスバルXV、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、スバルXVの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク