下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スバルXVは登山に行くときや長距離移動をするときなど、林道や雪道など走破性に優れた車です。

室内も「全長2085mm全幅1800mm全高1550mm」と、結構広いので車中泊にも向いているようにも感じます。

そんなスバルXVは車中泊に向いているのかどうかや、実際に車中泊をしている人の声などを紹介していくとともに、スバルXVで車中泊をするための便利なグッズを紹介していきます。

スポンサードリンク

スバルXVは車中泊に向いているか?


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

まず最初に結論を述べておきますが、スバルXVは仮眠は可能ですが車中泊には向いていません。

そもそも、スバルXVという車のベースとなるのは、インプレッサでありシートアレンジの柔軟性もほぼありません。

スバルXVで車中泊をする場合の問題として、後部座席を倒した時にできる真ん中の段差は「80mm」で、寝る時にちょっと気になってしまうかもしれません。

また、スバルグローバルプラットフォームを採用したスバルXVは、旧型モデルよりもホイールベースが30mm大きくなっています。

そんなスバルXVのラゲッジルームは通常時の奥行きは「820mm」となっていて、横幅が「1,090mm」で高さが「780mm」となっています。

後部座席を倒すと奥行きは「1,630mm」まで拡大します。


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

さらに、奥行きが「1,630mm」まで拡大するなら身長160cm以下の人は、苦労しないで寝ることができそうです。

確かに段差があると寝にくいです。

しかし、スバルXVをベースに車中泊に向いている車に大改造すれば、車中泊にピッタリの車に大変身するのです。

大改造すると言っても普通にマットや、サンシェードなどを買うだけですけどね。

スバルXVで車中泊をする場合に、絶対に必要となるアイテムを紹介する前に、まずはスバルXVで車中泊をしている人の声を紹介していきましょう。

スポンサードリンク

実際にXVで車中泊している人の声


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

実際に車中泊をしている人って、ビックリするほどいるけど、「こういうマットが便利でしたぁ」とか「スバルXVで車中泊はこうやるのです」みたいな、そういうものしか無いですね。

車中泊をしている人で「男の人が窓ガラスの向こうで、じっと中を覗いていた」など、そういう口コミはありました。

それを考えると、車中泊ではサンシェードは必須だなと、そのように私は感じました

結局、スバルXVで車中泊を純粋にして、帰宅していく動画があったので紹介をしますね。

 

スポンサードリンク

快適にXVで車中泊する方法


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

スバルXVで車中泊をするには、後部座席を倒した時にできる段差を、なんとかしないと快適な車中泊はできません。

車中泊を快適にする方法の一つとしては、段差に適当に切ったアルミマットを埋めていけばなんとか寝ることができるレベルになります。

他にも切らずに埋める方法もありますが、「幅90㎝×長さ180㎝×厚み3㎝」のサイズのアルミマットで、四つ折りにしているタイプを買いXVの後部座席を寝かした時にできる段差を埋めても良いでしょう。

アルミマットは軽いし汚れ防止にもなるので、かなり便利だと言えます。

寝るときはスポンジ側を植えにしておき、普段は汚れ亜が取りやすいようにアルミ側にしておくと良いですね。

なので、スバルXVで快適に車中泊をするなら、段差解消マットがとても便利です。


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

他にもスバルXVのラゲッジルームを広げた時に、エアークッションを敷いて段差を和らげるという方法もあります。

助手席を一番前にスライドさせた時に後部座席と、助手席にできる空間を埋めるときも人によっては、エアクッションを膨らませて空間を埋めるという方法もあります。

でも、エアクッションを買って空間を埋めるのは良いけど、車中泊をしないときは邪魔になります。

なので、エアクッションではなくてクーラーボックスを、助手席と後部座席の間に入れるというのも、快適に車中泊をするコツになりますよ。


引用:https://item.rakuten.co.jp/

クーラーボックスなら、寝る時以外でも使えるので一石二鳥です。

助手席を前に詰めてしまうと助手席周辺が狭くなるので、クーラーボックスを置いてからちょうどの位置まで助手席を下げると良いでしょう。

クーラーボックスの上には多少なにかクッションになるものを敷いて、頭が少し上がるように調整すると良いでしょう。

段差を埋める方法は段差解消マットでも良いですが、モンベルのフォームパッド150を2つ敷いて、段差をなくすというのも良いですね。

XVで車中泊する必須アイテム


引用:https://item.rakuten.co.jp/

スバルXVで必須のアイテムは「くるマット」というアイテムです。

これは、スバルXVの最大の弱点である、後部座席に段差ができるのを解消してくれるマットなのです。

市販のアルミマットを四つ折りにしてもある程度は、段差ができて寝苦しいということもありますよね。

しかしくるマットは専用設計されているので、サイズはぴったりですしフルフラットになるように設計されているので、快適に寝ることができます。


引用:https://item.rakuten.co.jp/

なので、くるマットは車中泊で、役立つこと間違いないでしょう。

類似品の場合は通気性がないので蒸れてしまったり、耐久性が弱く年数が経過したら弾力がなくなったりすることもあります。

ですが、くるマットは通気性が良いので蒸れにくく、傷もつきにくいのです。

スバルXVで車中泊をするなら「くるマット」を買って、快適に寝るほうが良いですね。

車中泊のための便利グッズ


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

スバルXVで車中泊をする場合は、後部座席を倒したときの段差を解消するグッズから、暗い場所を照らすためのランタンなど、必要なグッズは色々とあります。

車中泊をするための、便利なグッズを紹介していきます。

マストアイテムはこのマットだ!

引用:https://item.rakuten.co.jp/

車中泊をするためには「くるマット」が、非常に役に立つアイテムとなります。

くるマットが無いと夜は快適に寝ることができないほど、必要なアイテムなのです。

スバルXVの場合は後部座席を寝かすと段差ができますが、このくるマットはそういう段差を解消するアイテムです。

段差ができて寝にくいという場合は、段差解消マットで対策をしてみてくださいね。

くるマットの特徴

・段差を解消してくれる

・コンパクトに収納が可能

・蒸れにくい

・洗濯が可能

・耐久性が高い

・設置はとても簡単

楽天市場での金額:7,315円

車中泊で周囲の目が気になるならこれ!


引用:https://item.rakuten.co.jp/

スバルXVで車中泊をする場合は、サンシェードが欠かせません。

車中泊について調べていると、こんな話がありました。

田舎のふとした公園で車を止めて、車中泊をしようものならどこから来たのか、人がやってきて車の中を覗かれ続けて車のドアを開けようとしたという話です。

体何をしようとしたのかは謎ですが、車中泊をしている人からすれば恐怖の何者でもないのです。

まあ、家の玄関と同じく、車中泊をするときは車のドアはロックするのは、誰でもしていると考えられますが一応ドアはロックしておいたほうが良いでしょうね。

そして、車の中を寝ている時に覗かれるのも、あまり良くないのでサンシェードは絶対にしておいたほうが良いのです。

サンシェードもしないで若くて可愛らしい女の子が、一人で車中泊をしている動画をユーチューブで発見しました。


引用:https://item.rakuten.co.jp/

そういうのを見ると第三者が車の中を覗きドアをこじ開けて、車内に人が侵入してこないのか心配になってしまいますね。

もし、車のドアをロックし忘れてドアを開けられることを考えると、嫌な予感しかしないですね。

そういう時に、やっぱり必要なのが「プライバシーサンシェード」が、防犯の役目をしますからね。

車中泊をするために周囲の目を避けるにはどうすれば良いか、私は一生懸命考えました。

そこで私が思いついたのは「カーテン」「黒いフィルム」「サンシェード」の3つです。

カーテンは下手をすると車検に抵触する危険があり、私も過去に何度かカーテンを取り付けた経験がありますが、ディーラーで車検のたびに外されたことがあります。

もちろん抵触しないケースもあるのですが、ディーラーは保安基準に関してとても厳しいのです。

とはいえ、カーテンの設置はイメージが悪いので、取り付けたがる人も少ないかもしれません。

次にフィルムですが100%紫外線カットという、窓の外が見えないフィルムがあります。

過去に失敗して取り付けたことがありますが、車線変更をする時にドアミラーの死角にバイクがいたらかなり危険です。

そのように考えると不要な時にすぐに取り外せる、「プライバシーサンシェード」のほうが一番良いと考えられます。

楽天市場での販売価格: 9,400円

暗い場所を照らす時に活躍する超おすすめアイテム


引用:https://item.rakuten.co.jp/

車中泊では暗がりで何らかの作業をすることもあるでしょう。

たとえば、車内で料理をつくるという場合には、暗い場所を照らすアイテムが必須となります。

こういうときは小型のLEDランタンがとても役に立つのです。

もちろん、サンシェードと一緒に使うとプライベバシーを守ることができるので、サンシェードと一緒にLEDランタンを使いましょう。

ここで紹介する小型のランタンは厚みが「4.5cm」で、幅がフック込みで「7.5cm」あります。

明るさを3段階に分けて、点灯させることができます。

スバルXVで車中泊まとめ


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/utility.html

スバルXVで車中泊をする場合は、そのままの状態で車中泊はできないので、社風博をするために色々と準備が必要です。

後部座席を倒した時にできる段差を、まずはなんとかしないといけないので段差解消マットでなどを使い対策をするのも良いですね。

車中泊をする場合はプライバシー保護のために、サンシェードを使うほうが良いですが、これは防犯のためにも最適なので、車中泊をするときは持っておきましょう。

スバルXVが値引き金額から更に50万円安くなる方法
「このスバルXV、予算オーバーだ」
「グレード落とさないと買えないよ…」
「値引きで安く買いたい…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みが嫌だな…」

など、スバルXVの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方におススメの裏技を
ご紹介
します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサードリンク